LEXUS IS-F アライメント・サーモスタット交換

ヒーターの効きが悪いと言う事でサーモスタットを交換させて頂きました。

ラジエーターのロアホースが刺さっているエンジン側にサーモスタットがあります。

車体側はラジエーターにホースバンドで固定されてあり、

エンジン側はM6ナット3本で固定されてます。

クーラント(冷却水)は純正で採用されているスーパーロングライフタイプに交換致しました。

クーラントは全て抜けてしまうので、

ラジエーターのエア抜きバルブを開けて、

ヒーターを全開にWARM方向にして、エア抜きをして、暖かい風が吹いてきたのを確認してから、トリムを戻しました。

その後新品タイヤを4本交換させて頂き、後にアライメントを調整させて頂きました。

タイヤ交換直後のアライメントがこの様な感じです。

フロントは左がアウトで、右がイン

リアは左右が揃ってますが、少しトーアウト気味、キャンバーは非調整なので、そのままなにもさわらず、

まずリアトーを調整するべく、整流板を外します。その奥にリアトーを調整するボルトナットがあります。レンチは19ミリと22ミリが必要です。

整流板を外した所がこちら↓

奥にダブルナットでかかっていて、

奥が22ミリ 手前が19ミリとなっており、19ミリのロックナットを緩めて、22ミリで調整します。

調整前↓

調整後↓

そして、フロントを調整して作業は終了!

御用命頂きありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
Takeuchi

Takeuchi

1968年式 性別 男 バイクをいじる事から始まり、カーオーディオ取り付けを主に カーショップで20年ほど勤めていました。 趣味は食べ歩き 愛車はワゴンR。(以前はカメラードのスーパーチャージャーが搭載のステップワゴンRF1に乗ってました)・ミニカー登録のバギーとアドレス125に乗っております。 今後は、皆様に愛される店づくりを目指して行きます。 どうぞ、宜しく御願い致します。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket